スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
◆カラオケボックス等で火災に遭遇した場合◆
火災:カラオケボックスで遭ったら 炎より煙が怖い/低い姿勢で避難する

元記事が消えたときのために一部引用

 店に入る前に、不備な店はどうすれば分かるのか。全国で防災講習会を開いている財団法人・市民防災研究所(東京都江東区)事務局長の細川顕司さん(63)は「火災時の避難方法の鉄則は、2方向避難です。二つ以上の避難経路が確保されているかどうかが最大のポイント」と話す。

 「受付で『この店は2カ所の避難経路がありますか』と質問しましょう。あると言われたら、自分の目で非常口を確かめることが大事です」と強調する。

 細川さんは東京消防庁に37年間勤務し、現在川崎市の防災企画専門員も務めている。細川さんが特に注意が必要な店として挙げるのが、ワンフロアではなく、受付フロアとは違う階にもボックスがある店だ。

 例えば、雑居ビルの3階が受付で、3、4階がボックスの場合、4階の非常口から地上に避難できない店があるという。食い逃げ防止のため、4階の非常口を施錠しているのだ。

 細川さんは「カラオケ店の特徴は、部屋に窓がないことです。非常口は施錠しないのが原則。施錠した非常口は非常警報装置が作動すると同時に解除されないと、上部階の客は犠牲になる。店側にこの点を確認すべきです」とアドバイスする。


 宝塚の火災でも犠牲者の死因は一酸化炭素中毒だった。有毒ガスは体のまひやしびれを誘発し、死に至るので、煙が炎よりも怖いことを改めて覚えておきたい。

 煙の特徴を知っておくことが大切だ。煙は天井に上がった後、床へと広がっていくが「実は、床のコーナーまでには煙は届かず、きれいな空気が残っている場合がある。低い姿勢で床を這(は)って避難する際に床のコーナーで息継ぎをすればよい」と細川さん。

 ハンカチを鼻に当てて避難することはよく知られているが、正しい仕方でないと意味がない。細川さんに正しい方法を実演してもらった。

 折りたたんだハンカチを鼻に当てるだけではダメ。利き手とは反対の手にハンカチを広げ、親指と人さし指を小鼻に軽く当て、手の付け根をあごに付け、鼻と口全体を覆う=同<上>=と煙を吸い込みにくい。さらにかばんに封筒があれば、空気を入れて鼻と口に当てて、避難するのも有効だ。


--------------------------------------------------------------------------------
自分と自分の大切な人、大切な人の大切な人が健康・安全でいられるために
知っていて欲しいことを載せていきたいと思います。

「最後に自分を守れるのは自分だけ!」
「自分を守るのは自分の大切な人のためでもある!」
ということを忘れず、常に油断せずに行動しましょう。
--------------------------------------------------------------------------------
ちょっと堅苦しいけど、本気です。
comments(0) | -
スポンサーサイト
- | -
コメント









<< ◎年末年始のあれこれ◎ | main | ◆スキー・スノボに行くときは爪を切る!◆ >>
NOW LISTENING