スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
かわいい犬がほしいなぁ・・・

え・・・?

いやいや、犬Jはかわいいんですけどね、離れて暮らしてるから。
毎日かわいいわんこと戯れて癒されたい。
でも昼間家にいないから世話できないし・・・。
はぁ〜、犬、犬、犬っ
犬不足だーーー
帰り道に散歩してる犬を見かけるとちょっとフラフラついていってしまったり。
散歩代行のバイト情報とか探してしまったり。。。
(↑こないだのサザエさんでカツオが散歩のバイトしてたのを見て。。。)
まー散歩代行は実際はね、人様の大切なわんこを預かるなんていう責任重大なことを
こんな不純な(?)動機ではとてもできないんですがね。
ちょっと探してみただけ。。。

なので、このところ毎日あちこちのかわいいわんこブログを見まくってます。
特に柴犬さんの。
犬T(犬Jの母親)が柴系の雑種だったので、やっぱ柴が一番好きやなー。
三角耳で、ほどよい大きさの従順な犬。

犬T
犬T。


こんな話をもんちゃんにしたところ、
「ペットが欲しくなるのは恋人に満足してない証拠らしいよ」みたいなことを教えてもらう。
い、いや、決してそんなことはっっ(笑)
comments(3) | -
友達と偶然会うこと
昼の休みに屋上でボーっとしてたら、
(シカオちゃんみたいに「少し眠った」りはしてない。)
ふと学生の頃を思い出しました。

4階あたりの外階段で友達としゃべってたら下の道を別の友達が歩いてるのを見つけて、
「○○〜!(←その人の名前)」って手ぇ振りながら大きな声で呼んだりしてたなーって。
休講の時は「誰かいるかな〜」とか思って部室(みたいなところ)に行ったり。
(行けばだいたい誰かいた。)

社会人になると、友達と「偶然」会うことってまずないですよねぇ。
日時を決めて集まるのでさえなかなか難しいほど。
そう考えたら、常に誰か友達に会える学校ってなんかすごく不思議な空間だなぁ・・・。
学生時代にしか味わえない貴重な感覚ですね。

1限に間に合わない電車を降りて、ホームから改札階への階段を上がりきったところで
向かいの階段を同じく上がりきったサオリとばったり、なんてことももうないね・・・(笑)
「あ、おはよ〜(笑)」みたいな。
comments(6) | -
私は傘を差すとき、なるべく自分の体が傘の中心にくるように
なおかつなるべく柄の上のほうを持って傘に入り込むようにして歩きます。
そのほうがぬれないのです。

たいていの人は柄を自分の前に持ちますよね。
でもそうすると後ろのほうがぬれてしまいます。
kasa1
こんなふうに。

そこで、片一方が長い(?)こんな傘があればいいんじゃないかと思うのです。
kasa2
これなら後ろもぬれません。

柄を肩にかけて差す場合には長いほうを前にすると良い感じです。
kasa3
後ろで雫が落ちてもかかりません。

とても良いアイデアだと思うんですけどどうでしょう。
実用新案でも出してみようかしら。
ただ、この傘が閉じたときどんな形になるのかは考えがつきません。
そもそも構造的にこんな形が可能なのかもわかりません。
てか長いほう重そう。
comments(4) | -
すかぬめし
携帯電話の変換機能で、かなで入力してから
英数字に変換できる機能があって、けっこうよく使っています。
ちょっとしたメモで「false」と書きたくて
ボタンだけを見て全部打ち終わってから画面を見ると
「すかぬめし」となっていました。

すかぬめし…。

意味は分からないけどなんかちょっと面白かったので、他の単語でも試してみました。

続きを読む >>
comments(8) | -
NOW LISTENING